06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

一冊の 本  

   犬と猫のための  自然療法 

      前から 欲しかった 本 買いました


 本

 2014 7 7 (97)  愛する動物の健康を考える 
コミュニケーション/栄養/ビタミン/ハーブ療法/ホメオパシー/
指圧・鍼灸/マッサージ/フラワー・エッセンス/ターミナルケア
犬や猫の動物たちは、人間にとって常に身近な存在です。
現在ではコンパニオン・アニマルとして、仲間として生活を共有する意識が定着しています。
人間への医療においては、ホリスティックな代替療法が注目されていますが、
これを犬や猫に対して置き換え、紹介するのが本書です。
解剖学にはじまり、ハーブ、ホメオパシー、マッサージ等の各療法と症状別の適応、
ペットロスについてまでを丁寧に紹介しています。

 本

 中身 の濃い 一冊です

風 & ハリー

   ramu ラムが 16才で亡くなって

    長生きした・・には 違いありませんが・・
    最後のほうは  薬漬 と 病院(点滴治療で一日病院)
    の往復ばかりでした
    それでも良くなればと  祈りながら 病院へ・・ 
    (心臓機能が悪くなり 肥大した胸に 水が 溜まり 
    肺を圧迫して 呼吸困難になってました・・)
    
    治療の甲斐も見られず 衰弱していくラム・・の
    小っちゃな体は 悲鳴をあげはじめてました
    病気になってから 四六時中 抱っこしてました
   
    最期は  
    眠るように~ なんて・・では  全く ありませんでした・・が
    腕の中で 看取れた 事が 私のせめてもの~救いです    
      
    
   勿論 医学の力   薬 も 必要ですが 
    痛くて 怖い想いをしていた  あの時のラム
    飼い主として   心の不安から少しでも
    解放してあげられていたか~とか
    生活の中もで 出来る
    食事療法・ 心の緩和ケアー 自然療法 がある事
     
   初ワン子 ラム うちの子になって くれて ありがとう
       楽しい 毎日でした
   ラム が教えてくれた たくさ の事  
      決して 無駄に しません 

ramu

 『虹の橋』は、、亡くなったペットの魂が、『虹の橋』のたもとにある一面に緑の草原が
広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っている、そして、ペットの飼い主が
この世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、『虹の橋』を一緒に渡って、
天国へ向かって行くと信じられているのです。










 










スポンサーサイト

category: ワン子 達 徒然

thread: わんことの生活

janre: ペット

Posted on 2014/07/13 Sun. 15:38  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blog20071112.blog90.fc2.com/tb.php/1361-e4f50d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。