06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

今日で 一年~ 

 動物 の 魂

ラム が お空に還って ちょうど Ⅰ年 です

 16年3ヶ月 も 一緒だったのに・・楽しかったはずなのに・・

いつも 思い出すのは

ご飯を食べなくなって お水も飲めなくなって

 か細くなった 小さな 小さな 体 が悲鳴をあげ はじめた頃の ラムばかり
  
後悔と 悲しみ ばかりで いつも 涙してました

私 が 悲しんでいるから ラム の魂は いつまでも  浄化できない
供養してあげるのが 飼い主の 務め だと・・

スピリチュアル
人間の 魂 と動物 の魂 について いつか 読んだ 本の内容
子供の頃 お参りしてて 聞いた 神職さんの 説法にも 
  

 動物には、人間とはまた違った動物の霊界が存在し、
 亡くなったら、その世界へ戻るようになっています。
 ただ、動物には、人間のような厄介な執着がないので
 すぐに浄化する魂がほとんどのようです 



ラム

ラム

ラム

魂は ありませんが ここでも 眠っています  

骨や物質そのものには、もう魂は宿っていないので
  愛する○○のためにも、全ての骨を埋めて
 「向こうの世界でも、頑張ってね!」と見送るのが一番なんですよ。
  
   家族として 迎え入れた子達へ 愛情を注がれた記憶は
  しっかりその子達の 魂の中に刻みこまれていますので
  私たち人間が、やがて向こうの世界へ帰ったとき、
  住む霊界は違いますが、いつでも再会できるようになっているんですよ!
  この子達の 魂を 中途半端な世界(未浄化の状態)にしないためにも、
  心からの浄化を願って、
  遺骨に執着を捨てることが本当の意味での愛情なんです。

  ちょっと大変かも知れませんが、心の決心がついたら
  遺骨を手放す努力をされてみてはいかがでしょうか?
  遺骨はなくても、心の中で○○は生き続けています。

ラムは  いろんな事を 教えてくれました 
生きてる 喜びは 大きいですが 
看取る事の 辛さも 大きいです

 病気になって 急ぎ足でいってしまいました・・が
  か~さん 達 は 最後まで 精一杯看取りました
 
これで よかったんです
そう 思う これからに しよう と・・
 
ラムと暮らした
16年3ヶ月は  かけがえのない 宝物です 

ラムの 魂 が 浄化 できますように・・

  ラム ありがとう  また会おうね~
スポンサーサイト

category: ラム 

thread: わんことの生活

janre: ペット

Posted on 2014/04/22 Tue. 15:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blog20071112.blog90.fc2.com/tb.php/1327-32c250e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。