06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

虹の橋とよばれる 場所 

ramu

ramu

     虹の橋

作者不詳

日本語訳 *: michiyon

天国の少し手前に 「虹の橋」と呼ばれる場所があります。

あなたにとってかけがえのない存在であった動物が死んでしまった時

その子は「虹の橋」へと旅立っていくのです。


そこは 草原と丘が広がる場所で あなたにとって大切な存在であった

その子も みんなと一緒に駆け回り 一緒に遊んでいます。

食べものにも 水にも じゅうぶんに恵まれ 光にあふれたその場所で

亡くなった子たちは ぬくぬくと 気持ちよく過ごしています。


病気で苦しんでいだ子は健康をとりもどし

年老いて亡くなった子は 若さをとりもどしています。

つらい目にあって傷つき 体が不自由になってしまった子も

五体満足な体となり 元気な姿に戻っています。


それはまるで 残された私たちが 過ぎ去った思い出の中で

その子たちを思い出す時の姿そのもののように…


そこにいる子たちはみんな幸せで 

満ち足りた気持ちで暮らしています。

ただひとつの 気がかりをのぞいては…。


それは 彼らにとって とても大切な存在だったあなたのこと

後に残してきたあなたのことが みんな恋しくてたまらないのです。


みんなは いつも一緒に走り回り 一緒に遊んでいます。

その日がやって来るまでは…。




そして… 

ある日その中の一匹がふと動きを止めて遠くを見つめます。


その目は喜びで輝き 感動で体はふるえています。


その子は突然 みんなから離れて 

青々とした草の上を飛ぶように走りだします。


早く 早く もっと早く…


あなたを見つけたのです。


大好きなあなたに ようやくまためぐり出会えたのです。


この上なくうれしい再会に感謝して 

しっかりとその子を抱きしめるあなた。


もう二度と離れることはありません。


再び会えたことがうれしくて 思いっきり甘えてくるその子を

再びやさしくなでてあげられる幸せ。


あなたを見つめるそのまなざしは信頼にあふれています。

それは 何と長い間見ることのできなかったものでしょう。

でも片時も 心を離れたことはなかったものです。


そして ようやく そのときがきたのです。


 今こそ共に天国へと続く「虹の橋」を渡っていきましょう。

これからは もうずっとずっと 一緒だね。


   


   後記:

 江原啓之さんの書かれた 「ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー」(中央公論新社) 

この本の中で、江原さんが言っておられました。自分がこの世を去った時、
あちらの世界で必ず先に逝ったペットにまた会えると。 なんとなく そう信じてはいましたが
あの江原さんにそう言っていただけると とてもうれしく安心しました。
その日が来たら 亡くなった ラム や テンちゃん・ピーちゃんに会えると思うと
自分がこの世を去る日が来ることさえ怖くはなくなりました。

この世で出会った私の大切な犬たち。寿命の関係で、私より先にあの世へと旅立ってしまったけれど
きっときっとまた会える日が来る。そう信じることで、もう淋しくはありません。

謝りたいこともいっぱいあるし、感謝したいこともいっぱいある、そしてまた再び抱きしめて大好きと伝えたい。
、その日が来るまで遠くから私を見守っていてね。

もうその愛らしい姿を見ることはできないけれど、いつまでもいつまでも一緒だよ。



fc2blog_20130430105302114.jpg
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: わんことの生活

janre: ペット

Posted on 2013/04/29 Mon. 14:51  edit  |  tb: 0   cm: 4  

コメント

虹の橋、今頃ラムたんはそこでいつものようにうさぎみたいにピョンピョン走り回ったり、ヨーグルトやバナナや母さんの手作りおやつをいっぱい食べて、日向ぼっこしてるだね。虹の橋、いつかそこでラムに逢えるんだね。

Jちゃん。 #- | URL
2013/04/30 13:26 * edit *

ラムさん・・・・・ 虹の橋を渡って行っちゃったんですね。
また会えるから、それまで雲の上で遊んだり昼寝したりして、それまで見守っててくれるんですね。

ラムちゃんはいっぱいかわいがってもらって、でかくておもろい弟分と楽しく暮らして、幸せ満々の犬生だったでしょう。
お母さんお父さんの愛情に包まれてたラムちゃん、最期まで暖かく抱いてもらって幸せだったと思います。

それでも寂しさは残りますよね。
ラムちゃんや黒い弟分達のためにも、元気出してくださいね。

ラムちゃんのご冥福をお祈りしています。

咲まま #WE/ETjCY | URL
2013/05/01 10:12 * edit *

  咲まま さんへ


 温かいお言葉 ありがとう ございます

 やっと ラム の 事が 伝えられるように なりました
 動物達
 生まれた時からの約束事
 と~さん か~さん より お空に還って逝くのが随分 早いって
 わかっては いたのですが・・・
 高齢さんは かけ足で逝ってしまうんですね
 優しかった? ラム が  虹の橋 から 
 「泣き虫 か~さんの 今だけ 泣いてて いいですいよ~」って
 だから
 お言葉 に甘えて 涙 してます
 今まで ラムを 可愛がって いただきまして
 ほんとうに ありがとう ございました  (礼)
 
  

harry ママ #- | URL
2013/05/01 11:32 * edit *

J ちゃんへ

  虹 の 橋 

 お空の国 住人 に なった 子 が いくところだそうです
  
 みんな 子供達 になり 元気 な 体に戻って 
 楽しく 遊ぶ 楽園 だそうです
 また 再開 できるから・・
 淋しく ないそうですよ~
 

harry ママ #- | URL
2013/05/01 11:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blog20071112.blog90.fc2.com/tb.php/1178-92885d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。