08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

富士 盲導犬協会  

障害を持ってらっしゃる方は それぞれ 違います 
障害のある人をサポートする身体障害者補助犬
身体障害者補助犬は体に障害のある人の目や耳、手足となって働くよう訓練された犬で、
それぞれ一定の訓練基準により訓練され、国が指定した法人から認定を受けています。

盲導犬は、目に障害のある人と一緒に歩き、交差点や段差で止まったり、障害物や車の接近を知らせたりして、安全に歩けるようサポートします。体にハーネスという胴輪をつけています。

介助犬は、体を自由に動かせない人の手足となり、落とした物を拾ったり、ドアの開閉をしたりするなど、日常生活をサポートします。外出時には介助犬と書かれた胴着をつけています。

聴導犬は、耳に障害のある人に、ブザー音や電話の呼び出し音など、生活上必要な音を知らせ、音源への誘導を行います。外出時には、聴導犬と書かれた胴着をつけています。

静岡県富士宮市 には  日本盲導犬協会
 盲導犬の里  富士ハーネス があります


富士 盲導犬協会
  
 こんにちは~PRワンちゃんが お出迎えをしてくれましたよ

富士 盲導犬協会

富士 盲導犬協会

犬と 一緒に 来場できるんですが・・ 入るゾーンを守ること と条件があります

健康な犬 下痢 咳 皮膚病 他の犬に対して攻撃性が ない
センターの犬との接触は 避ける
同伴する犬には 責任を持って 下さい なるほどね~


富士 盲導犬協会
富士 盲導犬協会
富士 盲導犬協会
富士 盲導犬協会

 富士ハーネス内 には 盲導犬 を連れた 人もいらっしゃいましたよ~
このワンちゃん ご主人の心強いパートナーとして ささえて いましたよ
お家に帰ったら いっぱいの愛情をもらってるんでしょうね
  

富士 盲導犬協会


富士 盲導犬協会


盲導犬 引退犬室

見学が出来る時間です
平日 14:40~15:00
土日 11:40~12:00   14:40~15:00 
受付の方から
「ちょうど いま見学できますよ~」 って言われて
 引退犬室 にお邪魔してきました
ここは 日当たり 風のながれ お散歩の芝生広場も近い 明るい
 お部屋で スたッフさんと過ごしています

出会うのは はじめてです このセンターには現代 4頭の子がいました

盲導犬として 目の見えない人 見えにくい人が行きたいと時に 
行きたい場所へ誘導する心強いパートナーとして
10年も活躍してきた 子達です

1才まで パピーウォーカのもとで暮らし
約半年~1年盲導犬の訓練をし適正が認められて盲導犬になり
約2才から10才まで 盲導犬が 心強い パートナーとして活躍します
10才から  家庭犬 として 余生 をのんびり 過ごします



富士 盲導犬協会

富士 盲導犬協会富士 盲導犬協会

見学者の人達が(私も) こぞって 「お疲れ様 ~ありがとうね」って
パートナーではなかったけど
盲導犬生を全うした この子達をみて 優しく 優しく 撫でいらっしゃいました


富士 盲導犬協会

富士 盲導犬協会

パートナーと盲導犬は  ”ハーネス ”という道具をつかって 意思を伝えあう
 とても大事な お仕事です
盲導犬になれるのは 訓練の 3~4割だそうです

  

富士 盲導犬協会

大人しくしていれば ショップ の中だって OK なんですよ
風& ハリー もお店の中でのウロウロするのは 初めて・・ なんか   楽しそう
 おりこうさんに してたから どうぞって言われて
   お店の中へ入っちゃいましたよ~



富士 盲導犬協会富士 盲導犬協会

富士 盲導犬協会富士 盲導犬協会

富士 盲導犬協会


富士 盲導犬協会
富士 盲導犬協会富士 盲導犬協会
富士 盲導犬協会

芝生広場 で 達 休憩& オヤツ タイム

隣接には 広い Dog Ran もあります

盲導犬育成 事業運営に関わる 費用の90%以上は寄付や賛助会員費で賄われているそうで 
国や地方自冶体からの補助金は わずか 10%足らずだそうです
盲導犬育成のために  1年間を通して デモンストレーション 他イベント活動を通じて
視覚障がい福祉を支える拠点として大事な役割をはたしています

か~さんの念願 だった 盲導犬協会 富士ハーネス  見学させてもらった音事 忘れません

運転手さん ありがとう(軽礼)

視覚障がいの方を支える パートナー 
犬の能力
盲導犬 介助犬 聴導犬  警察犬 水難救助犬 他にもたくさんありますね
他の動物にはない 犬の総合的な能力 は群を抜いています
さまざまな 目的 で訓練され 人 と共存共栄をしています


犬は人間に ない 優れた能力をもち 与えられた 役割 を理解できる
もはや 飼い主との犬 ではないですね

これこそ パートナー ですね
 
ラムさんも 風& ハリー も 癒しのパートナー ですがね(小笑・・)

帰り駐車場 で 大きな イエローラブ ちゃんに出会いました
LB大好き か~さんは 撫ぜ撫ぜさせてもらいながら 飼い主さんと お話をしました
とっても元気な 男の子 14才 です(大型犬なのでかなりの高齢です)

か~さんが  「歩くのも 早いし 元気ですね」
LBちゃん飼い主さん  「ええ病気は一度もしたことがなくて 家にきてから4年目
 (中年ご夫婦)             もう~可愛くて 可愛くて」と・・デレェ~顔のご夫妻

聞くところ この子は
  盲導犬の 引退犬 だそうです
 生まれてから 健康管理 食事の 管理は 環境 衛生 常に
 気配りをして 盲導犬を迎える家族の絶対条件だそうです
 だから 高齢になっても 元気なんですよ っておっしゃってました ・・ ごもっとも~


私達が テレビ中継などで観る 引退犬は    イメージとして
 引退犬 ≒ 高齢で寝たっきりの子が多い と自身がインプットしている

ワン飼いであれば 誰も 迎える 老後 (人間もですけどね)

自分ちのワン子 の 一生 は やはり 飼い主の健康管理 ウエイト は大きい ですね


スポンサーサイト

category: 未分類

thread: わんことの生活

janre: ペット

Posted on 2012/10/27 Sat. 15:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blog20071112.blog90.fc2.com/tb.php/1081-cbd00415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。